<シニア・プレシニアの「現役で働きたい!」を支援する研修機関>

活動概要

一般社団法人シニア研修センター(JSST)は、シニア及びプレシニアの中心にした方々の就業を支援するため、ICT、語学、美容、健康、及びマナー等の研修・訓練やタブレット活用推進等の活動を行います。情報化時代に対応するために情報通信の基本を学習し、パソコンやタブレット、スマートフォンを活用できるスキルを身につけ、グローバルに活躍できるための英語や中国語など語学と多文化コミュニケーションを習得できる場を提供します。また、健康や美容、マナーなどの研修コースも活用することで、心身ともにバランスのとれた研修が実施できることを目指しています。

当センターは、研修・訓練を行なったり、これから行うことを検討したりしている各種スクールや教室と講師で連携し、さらには研修・訓練を必要としたり、就業支援を実施したりしている関係団体・企業・自治体などとも連携しながら、全国的なネットワーク展開していくことを目指しています。具体的には、今後当センターの支部を全国に増やし、各地域で同じような研修が受けられるようにすることを目指します。今後正式に設立された支部を公開していく予定です。

関係団体との連携に関しては、各団体が実施している資格検定の認定会場となることや、資格検定の取得を目標としたコースの開設なども予定しています。すでに一般に普及している資格検定に加えて、当センターの目的に合った資格検定を増やしていきます。

また、研修コースとしては、通常のコースに加えて、関連分野のインストラクター養成のためのコースも提供します。すでに開始しているインストラクターの資格と養成コースとしては、財団法人ニューメディア開発協会 の「シニア情報生活アドバイザー」があり、そのための養成講座を当センターの会場で実施しています。また、タブレット(iPad)活用のためのインストラクター養成講座も提供しています。 今後、有効な資格と講座を追加していきます。